このブログについて

ジャンヌの画像
この記事は約6分で読めます。

作者プロフィール

皆さんはじめまして。ジャンヌです。

年齢性別は一応非公開です。下を読めばすぐバレます。

名前の由来

Jeanne Da ArcのYasuのファンなんですよ。なんてったって声が綺麗。
あんなに美しい声の男性を他には知りません。
今は病気で実質引退状態ですよね。天性の才能を持ちながら病魔に。。。本当に人生って、神様って意地悪です。

Yasuにまた歌える日が来ますように。。

ジャンヌダルクと言えばもう一つ。フランス革命の英雄で聖人です。
競馬予想界に革命を起こしたいという意味も込めました。有料競馬予想のうち、本当に読者が喜ぶものはどれだけあるだろうか。あるのはマーケティング主体の内容の薄いものばかり。
でも石ころの中にこそダイヤモンドも混ざっていて、ホンモノの予想家もたくさんあることを知っています。

ホンモノの予想家が日の目を見て、そして読者もホンモノの予想に触れることが出来る。そんな世界を作りたいと思って活動しています。

ジャンヌの競馬歴

競馬歴は27年、本格的に予想を始めてから8年目になります。

初めて競馬に興味を持ったのはダービースタリオンです。オオサマナギサとマチカネイワシミズを配合しまくってました。みんなやってましたねー。懐かしい!種牡馬はブライアンズタイムとリアルシャダイが好きでした。

リアルな競馬に興味を持ちはじめたのもその頃で、ジェニュインって名前がカッコいいなと思ったり、フサイチコンコルドの4戦目のダービー制覇もその頃はその価値もあまり分からず興奮していました。
ヒシアマゾンが好きでしたね。当時は外国産馬がクラシックに出走出来なかったんですよね。
その鬱憤を晴らすかのような激走にワクワクしたものです。

それから20年ほどは競馬にそれ程のめり込むこともなく、大きなレースを買っては当たったら外れたりで楽しんでいました。
当時は競馬よりスロットの方が忙しかったですしね。クランキーコンドルとタコスロでは小さな家が買えるくらいは勝ちました。あざす!

それからも麻雀、為替、株、カジノとあらゆるギャンブルを研究しました。

予めお伝えしておくと、私は競馬のプロ予想家という肩書も頂きましたが、どちらかと言うとプロ馬券師ではなくギャンブルのプロだと思ってます。大成功も何回も経験しました。カジノで一晩1000万勝ったり、株で一億勝ったこともあります。

逆もありますよね、当然。為替では株で勝った金をほぼ全て使いました。
若いときは限度を知らなかったので筒いっぱい勝負してました。

幸いにしてちょっとだけ才能があったのか破綻するということは無かったです。
今考えると破綻しなかったのが不思議です。
今は資金マネジメントを覚えましたので、破綻することはもうありません。

そんな私が約8年前から真剣に競馬予想を始めました。なぜ今更?

理由は二つあります。

一つは競馬そのものの楽しさを知ったから、もう一つはギャンブルとしても勝てるじゃんと思ったから。

まず一つ目ですが、私はギャンブルをギャンブルとしてしか見てませんでした。
例えばスロットで2000万以上勝ちましたが、楽しいと思ったことは一度もありません。
むしろ単調な作業のアルバイトをしてる感覚でした。身体も痛いし。
だから5号機になって勝てないと分かると一瞬でやめました。

そんな私が、競馬って純粋に楽しいじゃんと思ったのはある友人のおかげです。
仲の良い友人に競馬好きがあるのですが、そいつ、負けても負けても楽しそうなんですよねー。

競馬をギャンブルとしてしか見ていなかった私は正直『アホやなコイツ』と思って見てました。あ、もちろん友人としては尊敬してますよ(笑)

そいつがあまりにも薦めるもんだから、名馬列伝的なコラムをたくさん読みました。
そうしたら競馬にまつわるドラマ、人間関係みたいなものが伝わってきて感動もしました。
ちょっと真剣に競馬のことを調べてみようと思ったきっかけです。

ちょうど一緒に天皇賞(秋)を買って的中!気持ち良かったってもの正直あります(笑)

もう一つの理由は下記で詳しく。

競馬予想を始めたわけ

私にとって競馬は楽しみでもありますが、それでも競馬はギャンブルです。
正直言って、ギャンブルという側面を見ずにロマンとかスポーツとか言ってる人とは相入れないスタイルだと思います(そういう人好きなので友達にはなれる^_^)。
私は競馬の他にも、麻雀、為替、株、カジノ(BJ)をやります。
その中でも競馬を始めたのは一番最後です。

なぜやってなかったか?

競馬では勝てないという思い込みがあったからです。
言わばパチンコと同種類のギャンブルだと思っていました。

私にとってギャンブルは2種類あります。
『胴元と勝負するギャンブル』『他の対戦相手と勝負するギャンブル』
私は他の人と勝負するギャンブルは正直強い自信があります。
何故なら他人の自滅を待てるから。この自滅ってのは別のコラムにでも書きたいと思います。

そして胴元と勝負するギャンブル、これはそもそも勝てると思ってません。
典型的なのがパチンコ。店の人件費、台の購入費用、全て参加者のお金で賄う必要があるので、そもそも勝てないように設定されてますし、何より参加者間の条件が対等過ぎる(技術でなんとか出来る幅が少ない)。
全員平たく負けるギャンブルなんです。宝くじなんかもそうですね。

勘違いしていたのは、競馬はJRAと勝負してると思ってたんですね。
ある時真剣に考えると、JRAは場代を取ってるだけでギャンブルには参加していないと気づいたんです。別の言い方をすると私がいくら勝とうが負けようがJRAの財布には関係ないってことです。

関係あるのは他の参加者の財布のみ。
つまり他の馬券購入者と勝負してるんですよね。なら勝てると思いました。
JRAのテラ銭はざっくり20%です。これをみんなが20%負けてるかと思うと大きな間違い。
こういう質のギャンブルの場合、参加者の80%はテラ銭以上に負けています。
なぜなら大体自滅するから。また自滅というキーワードが出て来ましたね。
そうなんです。
逆に言うと自滅しないだけで自滅する人のお財布から頂けるって訳なんです。

ギャンブルとしても充分勝ち目があるのではないか?そう気付いたのが競馬予想を始めた理由です。

しかし、競馬がこんなに難しいものとは思わず、どんどん深みにハマるのですが。。。麻雀の10倍努力が必要ですこれ。

どんな予想家なの?

簡潔に説明しますと、ラップタイム理論とオッズ(投資妙味)で馬券を組み立てます。

別ページで詳しく書きます!

予想上手の馬券下手という言葉があるように、競馬は印をつけてからが本当の勝負です。
むしろ予想よりどうやって馬券を買うかの方が重要です。

私はプロのギャンブラーとして、競馬というギャンブルに勝てる方法を伝えていきたいと思います。

プロ予想家としての活動

2013年から、一般予想家としてウマニティ予想コロシアムに参加。最高位は2位。

ウマニティプロテストに6年連続参加し、最高位は2018年の4位(3位までがプロ合格)

ラストイヤーと覚悟を決めて参加した2019年ウマニティプロテストで1位通過しました。

2020年3月よりウマニティプロ予想MAXにて、プロ予想家として予想配信をしています。

連絡先

連絡はツイッターのDMでお願いします。

タイトルとURLをコピーしました