ラップ理論(ラップタイム理論)による予想に着手したわけ

競馬専門紙 馬券のコツ
この記事は約1分で読めます。

こんにちは。競馬予想界のクリーン化を目指すジャンヌです。

今回は私がなぜ数ある予想方法の中からラップ理論を採用しているのか、ラップ理論のどこが素晴らしいのかを述べていきます。

勝てる

やっぱり一番はこれでしょう。

どんな予想方法でも良いんです。勝てれば。

一頭一頭に焦点を当てる

数字で評価できる。 

競馬って生き物ですから結局不安定なものに対して予想しているんですよね。体調もあるし、気分もあるし。

そんな中で数字で予想できるっていうのはロジカル、論理的じゃないですか。

不安定だからこそ数字を取り入れて客観的に予想したいっていうのがありました。

感覚的なものだけだと、どうしてもオッズや新聞に惑わされたりしがちです。

その点客観的な数字を組み入れると自分の予想にバックグラウンドが持てるというか、自信に繋がります。

数字を取り入れるという点では、スピード指数による予想や、調教予想なんかもそうですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました